top of page

髪の毛が細くなってきた?原因や太くする方法を徹底解説します。

更新日:2 日前


髪の毛が細くなったことを悩む女性

髪の毛が細くなったり、頭頂部が薄くなったと感じるのは、年齢を重ねるにつれてよくあることです。しかし、その原因は様々で、単に加齢だけではなく、生活習慣や栄養不良、ストレスなど、多くの要素が関連しています。特に、頭皮の健康には十分な注意が必要で、使うシャンプーやコンディショナー、さらには日々のヘアケア方法を見直すことが大切です。

まず、頭皮を健康に保つためには、適切な洗髪方法を始めとする基本的なケアが欠かせません。例えば、洗う際には指の腹を使って優しくマッサージするようにし、過度な力を加えずに汚れを落とすことが重要です。また、ドライヤーの使い方にも注意が必要で、熱が直接頭皮に当たらないようにすることで、乾燥や熱によるダメージを防ぎます。

さらに、日々の生活の中で、頭皮に良い環境を整えるための工夫も必要です。例えば、栄養バランスの良い食事を心がけること、適度な運動によって血液の循環を良くすること、そして十分な睡眠を取ることが挙げられます。これらは全て、健康な髪の毛を育てるための土台となります。

もし髪の細さや薄さが気になり始めたら、まずは自分の生活習慣やヘアケアの方法を見直してみましょう。そして、それでもなお悩みが解消されない場合は、早めに専門の医師に相談することも大切です。頭皮や髪の問題は複雑で難しいことも多いですが、適切な対処法を見つけることで、健やかな髪を取り戻すことが可能です。自分の髪と頭皮に合ったケアを見つけ、健康的な髪を目指しましょう。この記事では、髪の毛が細くなった?と感じる方にむけて改善策をご紹介しています。美容師がおすすめする頭皮環境を良くするヘアケア用品についてもお伝えします。


 

目次


 

髪の毛が細くなる原因と対策

髪が細くなる現象は多くの人が経験するもので、その原因と対策は多岐にわたります。

髪の毛は、外側のキューティクル、中間のコルテックス、中心のメデュラの3層構造で構成されており、コルテックスの状態が髪の太さに大きく影響します。日本人の平均的な髪の太さは約0.08mmとされています。


髪が細くなる主な原因には、栄養不足、老化、睡眠不足、ホルモンバランスの変化、遺伝や体質、ストレス、生活習慣の乱れ、ヘアケアの誤り、AGA(男性型脱毛症)などが挙げられます。これらの要因は、髪の健康状態や生活習慣を映し出す鏡のようなものであり、頭皮の健康が不十分であることや、適切なヘアケア方法が取られていないことが考えられます。


髪を太くするための対策としては、育毛トニックや育毛美容液の使用、育毛シャンプーへの切り替え、タンパク質の摂取、睡眠時間の確保、ストレスの管理と適度な運動などが有効です。これらは髪の成長期を最大限に延ばし、頭皮の血行を促進し、栄養素を毛根に届ける効果があります。 薄毛や抜け毛に悩む男性が多く、細い髪のボリュームを改善するためにクリニックを訪れることがあります。医師は、栄養不足やホルモンの乱れ、生活習慣の見直しなど、原因に応じた対策を提案します。適切な食事や栄養素の摂取、ストレス管理、定期的な運動などが髪の成長を促進し、健康なヘア状態を維持するのに役立ちます。また、育毛剤やAGA治療などの医療的なアプローチも有効な場合があります。重要なのは、自分に合った方法を見つけ、根気よく続けることです。


髪の毛にいい食事について

食事を見直し、髪の毛に必要な栄養素を十分に摂取することも重要です。タンパク質やミネラル、特に髪の成長に欠かせないビタミン群を含む食品を意識的に選ぶことがおすすめです。 髪の毛の健康を維持し、成長を促進するためには、バランスの良い食事が非常に重要です。特に、髪に必要な栄養素を意識的に摂取することが推奨されます。以下は髪にとって重要な栄養素と、それらを含む食品に関する詳細な情報です。

  1. タンパク質:髪の主成分であるケラチンはタンパク質から作られます。十分なタンパク質の摂取は髪の強度と健康を保つのに不可欠です。良質なタンパク質の源には、鶏肉、魚、豆腐、豆類、卵、乳製品などがあります。

  2. ビタミンA:頭皮の健康を維持し、適切な油分の分泌を促進するのに役立ちます。ビタミンAは皮膚の健康にも重要で、ニンジン、カボチャ、ほうれん草、サツマイモ、カボチャなどの緑黄色野菜やレバーに豊富です。

  3. ビタミンB群:特にビオチン(B7)は髪の成長に重要とされ、ビタミンB5(パントテン酸)は頭皮の健康に役立ちます。全粒穀物、アーモンド、肉、魚、海藻、豆類などに含まれています。

  4. ビタミンC:強力な抗酸化剤であり、コラーゲンの合成に不可欠です。コラーゲンは髪の毛の構造を支えるのに役立ちます。ビタミンCは柑橘類、イチゴ、ピーマン、ブロッコリーなどに豊富です。

  5. ビタミンE:頭皮の血行を良くし、髪の健康を保つのに役立ちます。また、髪を太くする効果があるとも言われています。ナッツ類、種子類、ほうれん草、アボカドなどに多く含まれています。

  6. 鉄分:鉄欠乏は薄毛の原因の一つです。鉄は髪の毛の成長に必要な栄養素で、髪に酸素を運ぶ役割を果たします。赤身肉、魚、豆類、緑葉野菜、全粒穀物に豊富です。

  7. 亜鉛:髪の成長と修復に重要なミネラルで、亜鉛不足は髪の薄毛や抜け毛を引き起こすことがあります。牡蠣、牛肉、かぼちゃの種、レンズ豆などに含まれています。

  8. オメガ3脂肪酸:頭皮の健康を保ち、輝く髪を促進します。サーモン、マグロ、チアシード、亜麻仁、くるみなどに多く含まれています。

これらの栄養素をバランスよく摂取することで、髪の毛の健康を維持し、強く、太い髪を育てることができます。また、健康的な食生活は全体的な健康にも寄与し、髪の毛の状態を改善するための土台となります。食事からこれらの栄養素を十分に摂取することが困難な場合は、サプリメントを利用することも一つの選択肢ですが、医師や栄養専門家と相談することをおすすめします。

自分の髪の毛に合ったヘアケア用品の選び方

シャンプーやヘアケア製品の選び方も、髪を太く健康に育てるうえで考慮すべき大切な点です。 適切な製品選びと正しい洗髪方法は、頭皮環境を整え、健康な頭皮と毛髪の成長を促進します。また、運動による血行促進も、栄養素が毛根に届きやすくするためには不可欠です。 適切な製品を選ぶためにどんなことを気をつけてみればよいでしょうか?


  1. 成分の確認:シャンプーの成分は、髪と頭皮に直接作用します。硫酸塩(ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムなど)は洗浄力が強いですが、過度に使用すると髪を乾燥させたり、頭皮を刺激する可能性があります。穏やかな洗浄剤が含まれたシャンプー、特にアミノ酸系洗浄剤を含むものは、優しく髪を洗い上げ、必要な油分を保持するのに役立ちます。

  2. 無添加製品の選択:パラベン、シリコン、合成香料などの添加物は避けることが望ましいです。これらの成分は頭皮に刺激を与えることがあり、特に敏感肌の人には不向きです。無添加やオーガニック製品は、頭皮に優しく、髪の健康を保つのに有効です。

  3. 頭皮のタイプに合わせた製品の選択:乾燥肌、脂性肌、敏感肌など、頭皮のタイプに合わせてシャンプーやコンディショナーを選ぶことが重要です。例えば、乾燥肌の場合は保湿成分を含む製品が、脂性肌の場合はさっぱりとした洗浄力のある製品が適しています。

  4. 正しい使用方法:製品の効果を最大限に引き出すためには、正しい使用方法が重要です。シャンプーの際は、適量を手に取り、泡立ててから頭皮と髪に優しくマッサージするようにします。また、コンディショナーは髪の中間から毛先にかけて適用し、頭皮には余計な油分を与えないようにします。

  5. 個人の髪質や頭皮の状態に合わせた選択:カラーリングやパーマなどで傷んだ髪、細い髪、抜け毛が気になる場合など、個々の状態に合わせて特化した製品を選ぶことが大切です。例えば、カラートリートメントやアミノ酸系シャンプーなどがあります。

これらの点を考慮し、自分の髪質や頭皮の状態に合った製品を選ぶことで、髪を健康に保ち、太く育てることが可能です。また、一度選んだ製品が必ずしも長期間にわたって最適であるとは限らないため、定期的に見直しを行うことも大切です。


ストレスは抜け毛や薄毛の大敵です。ストレスが多いと、血管が収縮し、頭皮への血流が悪化します。適度なストレス解消法を見つけ、リラックスする時間を持つことで、髪へのダメージを軽減できます。


育毛剤やクリニックでの専門的なケアも一つの方法ですが、毎日のヘアケアや生活習慣の小さな改善が、長期的にはより効果的です。睡眠不足や乾燥した環境、過度なヘアスタイリングも、髪に負担を与えるため、これらの要因を避けるようにしましょう。 髪の毛が細くなるという問題は、年齢を重ねるごとに多くの人が直面する自然な現象です。 しかし、この変化に気づいたとき、シャンプーやコンディショナーの見直しは非常に重要な対処法の一つとなります。 なぜなら、適切なヘアケア製品は髪のコシやハリを補い、頭皮の健康を保つために必要だからです。

まず、自分の髪の特徴や悩みに合った製品を選ぶことが重要です。 例えば、髪が細く、ボリュームが少なくなったと感じる場合は、髪の根元から立ち上げる効果のあるシャンプーや、髪に厚みを与えるタイプのコンディショナーを検討することがポイントになります。 また、地肌の健康も髪の状態に大きな影響を与えるため、皮脂の過剰な分泌を抑え、適切な洗浄力のあるシャンプーを選ぶことも大切です。


さらに、頭皮マッサージを日常に取り入れることで血行を促進し、髪の成長をサポートすることも重要です。 また、十分な睡眠とバランスの取れた食事は、成長ホルモンや女性ホルモンなどのホルモンバランスを整え、髪の健康を保つのに役立ちます。

最後に、髪にとって厳しい環境や習慣、たとえば過熱したヘアスタイルの使用や、強く髪を引っ張るスタイルは避ける心がけが必要です。 これらは、特に細くなった髪には過大なストレスとなり、さらなるダメージの原因となります。


最後に、髪の毛は自然なサイクルで成長と脱落を繰り返します。そのため、ある程度の抜け毛は自然な現象です。しかし、もしその量が多い、または髪が細いと感じる場合は、専門家に相談することをおすすめします。ホルモンバランスが髪の状態に与える影響も無視できません。特に女性の場合、生活の乱れがホルモンバランスを崩すことにつながり、髪に影響を及ぼす可能性があります。医師や専門家の監修のもと、自分に適したヘアケア製品や生活習慣の改善を行うことで、髪の健康を取り戻すことが期待できます。

おすすめのシャンプーコンディショナー

REVISH ViTAシャンプーとTiAコンディショナー

この製品は、髪の内部と外部の両方からアプローチすることで、ダメージを受けた髪を修復し、健康的な髪へと導くことを目的としています。 主な成分の特徴は以下の通りです。

リペリR(毛髪補修成分): ダメージを受けた髪を内部から修復し、弾力と強度を回復させる成分です。 特にパーマやカラーで傷んだ髪に効果的で、髪のハリとコシを改善します。 主成分にはグルコン酸Caとグルコノラクトンが含まれています。

モイスリー(保湿成分): 毛髪内部に浸透し、傷んだ髪の強度と水分量を調整することで、なめらかな質感をもたらします。 白金と加水分解シルクが含まれており、ダメージを受けた髪の修復と保湿に役立ちます。

ぺプチヴェール(毛髪コンディショニング成分): エンドウ由来のペプチド成分が含まれており、髪にハリ、コシ、潤いを与えます。 カラーやパーマで失われがちな髪の天然の保護膜を補修し、キューティクルの摩擦や損傷を防ぎます。 主成分にはセテアラミドエチルジエトニウムサクシノイル加水分解エンドウタンパクが含まれています。

この製品は、髪と頭皮にやさしい成分を使用しており、 ボリュームがなくて、ヘアスタイルが決まらない。

ヘアカラーダメージで、 髪が細くなってきた気がする。

全体的にハリ・コシがなくなってきた。

パサツキやダメージが気になる。

パーマやカラーの持ちが悪い。

パーマやカラーを楽しみたいけれど痛みが気になる。

地肌の臭いが気になる。

頭皮に自信がない。

白髪が目立ってきた。 こんなお悩みを持った方に大変おすすめです。



髪が細くなったと感じるのは、薄毛や抜け毛が目立ち始めた時です。多くの人がこの悩みを抱え、クリニックでの相談や治療を検討することがあります。髪の毛が細い状態は、栄養不足やホルモンのバランス乱れ、ストレスなど多岐にわたる原因が考えられます。男性に多い悩みとされていますが、女性でも同様の問題を抱えることがあります。

細くなった髪を改善するためには、まずは生活習慣の見直しが大切です。バランスの良い食事を心がけ、必要な栄養素をしっかり摂取することが重要です。特に、髪の成長に必要なタンパク質やビタミン、ミネラルを豊富に含む食品を積極的に取り入れると良いでしょう。また、適度な運動と質の良い睡眠も髪の健康には欠かせません。

育毛や髪のボリュームアップには、専門のクリニックでの相談も一つの手段です。医師による診断のもと、自分に合った治療法や育毛剤の使用が推奨される場合があります。また、頭皮マッサージなど、自宅でできる対策もあり、これらを継続することで髪の質や量の改善が期待できます。

このように、髪が細くなったと感じたら、その原因を正しく理解し、適切な対策を講じることが大切です。自分に合った改善方法を見つけるためにも、専門家の意見を参考にしながら、健康な生活習慣を送ることが重要となります。

閲覧数:30回
bottom of page